• ヘッダー画像
  • ヘッダー画像
  • ヘッダー画像

じゅうたんやカーテンからでも

まず、おしゃれなリビングを作りたい場合は、一点、これだけは譲れない、というアンティークの家具を決めてから、全体を決めていきましょう。 また、どのような風景のリビングにするかというのも決め手です。西洋風にするか、何風にするか、全体のイメージも大事ですね。 続きを読む

1点ものなので

アンティーク家具のほとんどは1点ものです。
ですから、おしゃれにまとめあげるのは、なかなか難しいですよね。
リビングを現代風や古典風と、織り交ぜるのも良い方法です。
リビングをおしゃれに決めたいときは、まず、一番大きなアンティーク家具から配置を決めてしまうことです。
例えば、じゅうたんやカーテンや、まず土台となる部分を作っていきましょう。
また小物のアンティーク家具も、置く場所で目立ってきますから、重要なアイテムになっていきます。
古いワイン箱を靴入れにしてみたり、ガーデニングバスケットを新聞入れにしてみたり、ポイント、ポイントがアンティークを引き立たせる事になってきますよね。
まずは、どの年代風のアンティークなリビングにするか考えていきましょう。
1950年代をイメージしてみるとか、中世の英国風にしたいとか。
年代は経過しているものの、アンティークまでいかないものもリビングに置くのも手です。
このアンティーク家具を中心にしてリビングを作りたい、などと基本を決めるといいかもしれませんね。
部屋に風合いが増します。
あと重要なのが、どの色合いでまとめるかというイメージカラーです。
この色で決めようかな、などとまず色を決めてしまうといいかもしれませんね。
リビングにレース生地なものやガラス物を置くと、より効果は大です。
道具が古びている方が、良い雰囲気を出します。
古びたチェアーに、シャンデリア風のライトなど、リビングを作るのは色々と試行錯誤が必要だと思いますよ。

おすすめリンク

お気に入りの家具を中心に

家具選びって迷いますよね。 予算もありますからね。 まずは家具を一点から買い始めましょう。 中心が決まったら、二点、三点と家具を追加していきましょう。 また、ビンテージもののカーテンや、布類も売っていますから、予算の許す限り、それらを使ってみるのもいいかもしれませんね。 続きを読む

リビングはあくまで器

リビングに何を置いていけば、アンティークにおしゃれになるのか考えますよね。 リビングが白いキャンバスだと考えてみましょう、どうでしょうか?どれが正解とかじゃなくなってきますよね。 予算を決めてこれにしよう!と決めた、家具がリビングで映えるかどうかもポイントです。 続きを読む